シルク・ドゥ・ソレイユの進化

過日、ご縁があってシルク・ドゥ・ソレイユの公演「ダイハツ キュリオス」を観に行きました。これまで持っていた「サーカス」という固定観念が完全に崩壊。出演者それぞれの技術や舞台装置の仕掛けはもちろんのこと、物語性や芸術性がこんなにも高いのかと恐れ入りました。日本各地を回り、最後、仙台での公演も残りあと少しのようです。
シルク・ドゥ・ソレイユの進化_d0028322_11181450.jpg
個人的には、メインキャラクターの中で、日本人女性が演じていた「クララ」が好きです。それから、アクロバットで一番感心したのは、巨大なトランポリンで行う「アクロネット」。たぶん他の方がタイミング合わせることによって、より高く飛ばされるようになっているのでは? 逆に、「シアター・オブ・ハンズ」も手の指だけでこんなに豊かな世界が描けるというところに感動。

キュリオスの世界は、産業革命時代が進行していたヴィクトリア朝。不思議な世界感に包まれました。


by osumi1128 | 2019-05-25 15:17 | アート

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30