もやしもん

昨日、日本学士院賞の受賞者が発表され、東北大学からは鈴木厚人副学長が選ばれた。
小柴先生のお弟子さんで、地球内部の放射性元素からの反電子ニュートリノを世界で初めて観測した方である。
4月からは高エネ研に移られるというのはとても残念。
生物系では、プロスタグランジンの研究で成宮周先生(京都大)と、オートファジーなどの細胞内小器官の研究で大隅良典先生(基生研)が受賞された。

*****
今朝オフィスに行くと机の上にプレゼントがあり、「ああ、ホワイトデーだから※だ」と思って中身を見ると「もやしもん」(石川雅之著、イブニングKC、講談社)というコミックが2冊。
以前、学生さんと夕ご飯を食べに行ったときだったかに話題になり「是非読みたい!」と話したのを覚えてくれていたらしい。
※2月14日には研究室女性一同でチョコレートを贈っていることのお返し。

ずっと昔に「動物のお医者さん」という漫画があって、獣医学科系の研究ネタを用いていたが、「もやしもん」は農学部ネタである。
沢木惣右衛門直保という名前の主人公は麹屋の生まれで「菌が肉眼で見える」という不思議な能力を持つという設定になっており、「アスペルギルス・オリゼー」とか「ラクトバチルス・ガゼイ」などなど、いろんな菌のキャラクターが、「菌の立場」で描かれているのが面白い。
ちなみに「もやし」とは種麹のこと。
発酵や醸造に興味のある人、発酵食品などの食べ物が好きな人にはとくにお勧め。
登場人物の女性3人が非常にユニークかつ魅力的で細かい服装がよく描かれているのに対して、男性陣は皆どこかズレがキャラだが、これはこれでよし。
物語は沢木が農大に入学するところから始まるのだが、2巻終わっても2ヶ月くらいしか経っていないような気がする。
東京農大をモデルにしているのかどうか、どなたかご存じ?
Wikiにも出ていなかったので。
by osumi1128 | 2006-03-14 23:29

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31