350円傘

桜の蕾がほのかに紅を含み始めているのに、今日も曇りから小雨が降ったり止んだりで、お花見がいつ頃になるのか気を揉むこの頃です。

帰りに傘を持って出なかったら降り始めてしまって、やむなくチェーンのドラッグストア系のお店に入ったところ、350円の無色透明のビニール傘を見つけました。
お金を払ってお店を出て使おうと思ったら、ワンタッチのボタンが付いていました。
へー、確か以前はコンビニの500円傘は手動式だったのでは?と思い、この値段で出せるというのは、一体どこで作っているものなのかなあと考えました。

昔、イギリス紳士は常に傘を持っている、というイメージがありましたが、ちょうど、日本人は皆チョンマゲ、というような時代錯誤ですね。
気候は今も変わらず、先日の渡英の間にも、小雨が降ったり止んだりの日が多かったですが、長い傘を持ち歩く人は少なく、少々の雨には、パーカーやオーバーのフードで対応したり、帽子をかぶっている人をよく見かけました。
私もレインハットを持って行けば良かったと後悔。
折りたたみ傘を持っているのに、ついつい出かけるときの荷物に入れ忘れてしまうのです。

*****
3回分の「博士」と、イギリスがらみの文章をリンクしている「エッセイ集」にアップしておきました。
こちらもお時間のあるときに見てみて下さい。
by osumi1128 | 2006-04-02 21:28

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29