Psychologists and psychiatry

Psychologists and psychiatry_d0028322_9285641.jpg
Workshopの残りも少なくなってきた。
現時時間の土曜日の夕ご飯は、Banbury Campusのプライベートビーチで「ピクニック」であった。
実際には、テイクアウトのハンバーガー(パンと素材が別になっていて、自分ではさむ)、サラダ、バーベキューチキン&ポークなどをビーチまで運んで、海に突き出た桟橋に並んで座って食べた次第。
写真はちょうど美しいサンセットが見られたので携帯カメラで撮影。

*****
「精神疾患と性差」についてのエントリーをする前に、頂いたコメントの中で「心理学者がどのようにこのワークショップに関わっているのか?」というご質問を頂きましたので、そのことについて述べておこうと思います。

26日人の参加者のうち、現在もしくは過去にpsychologyを専攻している・いたのは8名であり、うち1名が男性で残りは女性(名前と容貌からの判断)である。
上記の質問については、ちょうどStudent profilesとして、予め参加者が自分のバックグラウンドや抱負を述べているので、そちらをいくつか引用しようと思う。
(翻訳にあたっての解釈にバイアスがかからないように、書かれたものをそのまま引用します)

Jennifer/Postdoc/University of Campbridge
My background is in psychology and my recent PhD was about longitudinal changes in cognitive function in schizophrenia and first-episode psychosis. I am broadly interested in the genetic and developmental basis of mental health and mental illuness, especially cognition, and in dimensional and population-based apporoaches to mental health. I am also interested in better ways of defining phenotypes, such as longitudinal modeling and latent variable approaches.


Kate/Assistant Professor/Albert Einstein School of Medicine
Katherine PhD received her undergraduate degree in Psychology at the University of Rochester and her PhD in Neuropsychology at the Graduate Center-City University of New York. She did her clinical internship and postdoctoral work at Yale University School of Medicine. ...Dr. B.'s primary area of interest is in neurocognitive functioning in patients with bipolar disorder....Other current research interests include the potential influence of susceptibility genes on neurocognitive function in patients with schizophrenia, affective illunesses, and healthy individuals and has recently published results demonstrating an effect of a number of genes on neurocognition, including DTNBP1, DISC1, and COMT.


Kateは同じ宿題グループだったのでもう少し詳しく聞いたところ、psychologistsにはclinical psychologistsとresearch orientedな人がいるとのことで、彼女は後者。
Neuropsychologyのコースだったので、neuroanatomy, neurobiology, neurochemistry, neuropharmacology, geneticsなどの単位も取っているらしい。
「日本の統合失調症の分野にはあまり心理学者がいないのだけど・・・」と聞くと、「フィアンセがブラジル人なのだけど、ブラジルではpsychiatristsとpsychologistsの間には隔たりがあるようね。ここでは違うけど」ということだった。
臨床心理学者には、さらにpharmacologyを修めることによって、セラピーだけでなく投薬をできる資格を得ることもできるらしい。
「開業するなら、患者にとってはその方がいいのは当然」

Dana/PhD student/Columbia University
I completed undergraduate studies in psychology and Italian area studies, and am MPH in epidemiology at Columbia. Iam currently a PhD candidate in psychiatric epidermology and history at Columbia. My workshp-related research interest is understanding how multi-level causes, ranging from micro-level (e.g., genetics) to macro-level (e.g., social adversity and discrimination), operate in concert to produce illuness, using variations in incidence (e.g., elevated rates in immigrant and migrant groups) as points of departure. I am also interested in secular trends, diagnostic issues, and pathways to treatment for affective and psychotic disorders.


このほか、biologyバッグラウンドの方や、情報科学の方いて、MDは2名。
講師陣はMDとPhDが半々くらいで、genetistsが多く、psychologyの方は少なかった。
遺伝学会の全貌に明るい訳ではないので、正確な数字は分からないが、日本ではいわゆる「病気の遺伝学」に関わる方にPhDが少ない印象があるのとはかなり隔たりがある。

そういえば、日本では少し前に「精神分裂病」という名前から「統合失調症」に変わった。
これに関して「日本の方が進んでますね。<Schizophrenia>という名前は良くないと言われているのに、ずっとこのままなんですよね・・・」というコメントを講師の誰かから頂いた。

・・・ということで、これからいよいよ明日の宿題発表の直前打ち合わせになる。
by osumi1128 | 2006-07-30 09:56

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31