理学研究科大学院GP「科学基礎論」講演会

お誘いを受けたので、理学研究科の大学院GP「科学基礎論」の講演会を聴いてきた。
ところで、この大学院GPの「GP」が何の略称なのか、何度聞いても覚えられない。
そういう略称はどうかと思うが、それより何より、こうやっていろいろな講演会をするのは良いのだが、いろいろな企画を生みだすために、教員はますます疲弊していく。
全国でこういうことを展開したら、日本全体で沈没することにならないのだろうか。

本日の講師は岡山大学大学院環境学研究科教授の津田敏秀氏という方で、疫学がご専門のようだ。
「科学者の科学音痴ー科学者にとっての哲学とは何か」というタイトルが魅力的だったので参加したのだが、講演を聴いた印象は(今の言い方で)ビミョーという感じだった。

水俣病が感染症ではなく、メチル水銀による「食中毒」であり、それにも関わらず、一般の食中毒とは同じように扱われず、保障がからんで「認定」される、されない、などの問題が生じたことは、確かに「病気の原因を見つけること」と「その病気を防ぐこと」の次元が異なる例としては適当である。
メチル水銀を含む魚を食べなければ、水俣病にはならない。
したがって、政府はさっさと「水俣の魚を食べてはいけない」と禁止するべきだった。

病気の発症に関して、基礎医学者は、細胞レベルや実験動物レベルの研究を繰り返し、そのメカニズムを明らかにしようとする。
津田氏によれば、このような行為は以下のように批判される。
私たちはヒトにおける健康影響を見ているのであり、動物への影響を見ているのではない。
メカニズムは大体は神話、学者の自己満足


ことがヒトに関すると、あるいは究極には、「自分」だったり「家族の誰か」だったりした場合には、一回性が非常に大きな問題となることは確かだ。
何が原因で癌になったのか、この抗ガン剤は自分には効くのか?
こういう場合には、統計的推測も意味をなさないことが多い。

ヒュームの問題やらジェームズのプラグマティズムやらの話題も出たが、結局、「科学者にとっての哲学」が何なのか、私にはあまりメッセージが伝わらなかった。
仕方ないので、その場で著者割引で売っておられた本を購入して、それを読んでもう少し考えてみることにした。

唯一賛成できたのは「研究は肉体労働か?」というスライドで、手を動かすだけではなく、考えること、読むこと、書くことの大切さを訴えておられた。
このあたり、実験系研究者には悩ましい課題である。
ブレの少ないデータを出すためには、コンスタントに実験をして、職人的になることが明らかに大切である。
ただし、ベンチワークだけしていても駄目で、クルマの両輪のように、デスクワークと並行してできるのが理想。
ところが、ビギナーは、「クルマの両輪」というのが、ちょうど自転車の前輪と後輪の関係のようになってしまって、しかもそれらが反対方向に回ったりすることになる。
ムズカシイ。

*****
毎日新聞の発信箱11月1日付けに元村さんが高校の未履修問題を取り上げておられた。
改革で大変なのは大学の先生だけではなく、高校の先生方も同様である。
その皺寄せがどこにいくのか、自明なことであろう。
「教育再生」でとっぴな改革案などが出てこなければよいのだが。
丁寧に、愛情を持って生徒・学生に接する、その基本が守れないほど教師が疲弊したら、日本は沈没する。
by osumi1128 | 2006-11-02 01:08 | 東北大学

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31