サイエンスアゴラ

JSTの主催により「科学と社会をつなぐ広場をつくる」サイエンスアゴラがお台場の日本科学未来館で開催されています。
同時並行でいくつものプログラムが展開されていて、とてもすべてを見られないのが残念だったのですが、その中のシンポジウム「科学者と研究の倫理」に参加してきました。
司会は文部科学省科学技術政策研究所研究官の中村征樹氏で、講演者は以下の通り。
村松 秀氏(NHK制作局、科学・環境番組専任ディレクター)
石黒武彦氏(同志社大学ヒューマン・セキュリティーセンター教授)
白楽ロックビル氏(お茶の水大学理学部教授)
笠木伸英氏(東京大学大学院工学系研究科教授)
村松氏は以前に著書『論文捏造』を取り上げさせて頂いたこともあるが、米国ベル研究所の研究員であったシェーン博士の関わった超伝導に関する論文捏造の取材を通じての、ジャーナリストの視点からの意見を述べられた。

石黒氏は、2000年以降に急増している撤回論文の調査データを挙げ、そこから読み取ることのできる社会的問題を示された。

中間討論を挟み、白楽氏はバイオ研究者の立場から、研究不正を防ぐための「ルール」はどうあるべきか、いかに現場に即した分かりやすいものにしていくかという提案を打ち出された。

最後に、笠木氏はご自身が中心となって関わられた学術会議の「科学者の行動規範」について説明されるとともに、さらに細かい問題点について指摘された。


小さめの会場でしたが、参加者は現場の学生さんから、ジャーナリスト、企業に務められる方、内閣府の学術会議関係の方などなど、広い範囲に渡っていたように思われます。
この問題の関心の高さが伺われました。
私もフロアからいくつかコメントさせて頂きましたが、せっかくこういう場でなされた議論については、どのようにフィードバックされていくのかについて、主催者がどのようなプランをお持ちなのか、聞き損ねました。
石黒先生は岩波の『科学』に「科学の社会化シンドローム」を連載されているとのことですので、もしかしたら何か反映された記事が載るかもしれませんね。
by osumi1128 | 2006-11-26 16:27 | 科学技術政策

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30