シンガポールスリング

昨日、今日の会議は東北大学21世紀COE医工学プログラムとシンガポール大学のジョイントシンポジウムなのですが、いろいろシンガポールの大学院制度について聞く機会がありました。
基本的にはマスターは2年なのですが、マスターの終わりに試験があり、それにパスできない場合に、マスターの学位を得て出る(ドクターに進む場合には、マスターの学位は与えない)というシステムが日本とは異なりますね。
また、ドクターは2年なのだそうです。
今後グローバルな教育を行う場合に、どういうスタンダードに合わせていくべきなのかは、難しい問題ですね。

シンガポールスリング_d0028322_9473212.jpg

シンガポールは3回目なのですが、初めてラッフルズホテルのロングバーで有名な「シンガポールスリング」を飲みました。
(すみません、画像は携帯カメラのものがあまりに駄目だったので、webから拾ってきました。ごめんなさい)
私にはちょっと甘かったけど、女性をくどくには良い飲み物なのかな?
サマセット・モームがこよなく愛したというラッフルズホテルは、日本で言えば横浜のニューグランドのようなものでしょうか。
ロングバーではテーブルの上に小さな殻付きピーナツが木の桝に入れられていて、その殻は床に散らかし放題。
(シンガポールは道にゴミを捨てたら罰金、という厳しい国なのですが、この店だけは例外、とは現地人の弁)
酔っぱらったら足をすべらしそうでした。

*****
さて、今晩の宿はどうなることやらと気を揉んでいたのですが(しかも、昨晩の時点では「かなり無理」と言われていたので)、幸いなことに、なんとかさらに1泊延長できました。
やれやれ……、今後はこういうドタバタはしたくないので、事前の予約を肝に銘じます。
という訳で、安心して本日の仕事に出かけてきます!
by osumi1128 | 2006-12-05 09:52 | 旅の思い出

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31