超前途多難

さて、シャルルドゴール空港までタクシーが渋滞に巻き込まれるなど、さらにストレスのかかることが続き、エールフランスのカウンターまで行くと、1)アテネ便はさらに遅れての出発に変更、2)アテネからサントリーニまでのフライトは今日の午後から明日の朝まですべて満席、という情報が待っていた。
「お宅の飛行機が遅れるから、本来予約されていた便に乗れないのだ」と主張したが、「遅れたのはアテネ空港のストのせいであって、我々の責任ではない」と、ガンとはねつけられた。
(たらい回しで3カ所のカウンターを巡って、どこも同じような対応であったので、極めて再現性あり)

うーーーーん、ここでめげてはいけない。
(実験も同じこと)
次は、とにかくアテネまで行き、本当に全く乗れないかどうかを確認し、駄目なら(とても夜行の船で行く自信はないので)空港近くにホテルを取り、翌朝なるべく早く移動するということにする。
(シンポジウムには遅れることになるが、きっと多くの参加者がトラブルに巻き込まれていることだろう)

ちなみに、エールフランスは「アテネ便の遅れが決まったときに、連絡しようとしたが連絡先が分からなかった」と言い張った。
やっぱり、次はグローバルな携帯を持って行こうかなあ・・・
そろそろ替え時だろうか・・・

さて、論文の原稿を2つチェックすることにする。
by osumi1128 | 2005-05-11 18:32

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30