オペラ座の怪人訂正

先ほど、オペラ座の怪人ミュージカル版の最後の場面について、コメントを頂きました。
私は「カーテンを開けるとサルのオルゴールが置いてある」と書き込みましたが、これは映画につられて記憶が改竄されておりました。
正しくは「カーテンを開けると、椅子の上に仮面だけがあり、メグがそれを取り上げるところにスポットライトが当たる」でした。
すみません、「カーテンを開けるとそこに怪人はいない!」というところに驚いていて、ディテールをしっかり記憶しなかったのかもしれませんね。
そもそも、数回見ても「メグ」の名前が印象に残らなかったくらいだから(パンフレットには書いてあったでしょうに・・・)、いけませんねえ。

さらに映画との比較ですが、映画ではどうもサルを重要視しているようで、怪人の小さいときをジリー夫人が回想するシーンで、本物のサルが見せ物小屋に出ていました(ような気がします・・・)。
また、何度も子爵の現在のシーンが折り込まれていたり、最後に子爵が自分よりも先に亡くなったクリスティーンの墓に落札した例のサルのオルゴールを供える場面でThe Endとなっていました。
このあたりが映画の台本を書かれた方の解釈やオリジナリティーなのでしょう。

以上、訂正&追加でした。
ご指摘を下さった方、有り難うございました。
by osumi1128 | 2005-05-12 04:38

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31