放送記念日のテレビ

帰宅してテレビを付けたら、「放送記念日特集<情報発信に世界が動く〜国際放送新時代>」という番組を放映していました。

Wikipediaによれば
放送記念日(ほうそうきねんび)とは、NHKが1943年に制定した記念日。3月22日。
NHK東京放送センターの前身である東京中央放送局(JOAK)が、1925年3月22日に東京都港区芝浦の仮送信所でラジオの仮放送を開始したことを記念して制定された(当時の様子はラジオを参照のこと)。

のだそうです。

各自が携帯でテレビを観るようになるかもしれず、テレビというマスメディアの将来がどうなるのか、私にはまったく想像がつきませんが、近々に<受信料>という収入には頼らない体制は必要なのかもしれないと思っています。

さて、番組はすでに始まっていたところで、ちょうど中国の国営放送の英語版の方針や、中国の「意志」を南の島の国々へ伝えるために、衛星放送アンテナまで整備していること、アフリカ諸国との経済的な関係を築くためのプロパガンダなど、さすが、国営放送、とうならせられました。
(こういう瞬間に、何故、まだ中国に経済援助をしなければならないのか、疑問がわきます)

次は「アルジャジーラ」というカタールの放送局で、こちらも、イスラムの大金持ちの援助で国際(英語)放送「アルジャジーラ・イングリッシュ」が始まり、欧米(英語圏)から技術もキャスターもヘッドハントして、「欧米とは異なる視点」の報道を世界に発信しようとしています。

フランスのシラク大統領肝いりで作られた「France24」も、フランス独自の文化や政策をグローバルに訴えるべく、民間と公営の放送会社の両方からのメンバーを元に、かなりの国費を投じて昨年12月から開始されたようですが、近くある大統領選挙で、社会党が勝つと、かなり体制の転換を求められるのでは、右派のサルコジ氏が勝っても現状は維持できないと案じられていました。
(ちなみに、社会党の候補者は元環境相、家庭相のセゴレーヌ・ロワイヤル氏なんですけどね)

社会がグローバル化する中で、日本はどんな風に情報発信するのかが問われていると思いました。

*****
その後も環境テレビのようにつけっぱなしていたら、「トップランナー」という番組になり、本日のトップランナーはイラストレーターの五月女ケイ子という方。
昭和30-40年代を彷彿とさせる、なんともノスタルジック、かつ、やたらインパクトのある画風で、「年間1000枚のイラストを描く」「ときには日に20枚」という多作な方。
公式サイトはこちら
話を聞いていると、絵に描きこむストーリーには事欠かないくらいイマジネーション豊富な方のようです。
しかも、早い!
番組ではライブでささっと、水彩絵の具(たぶん)で描いていました。
スゴイなあ・・・
by osumi1128 | 2007-03-23 01:53 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31