宮崎県と宮城県

いやー、またまた朝、焦りまくりました。
乗る予定の飛行機の時間を二度くらい確認したにも関わらず、間違えました。
(手帳に書き写さなかったのが記憶に残らない原因とみました)

川を見下ろすホテルのレストランで朝食を優雅に取った後、1時間以上の余裕を持ったつもりでチェックアウトし、宮崎交通のタクシーの運転手さんに「すみませんが、空港に行く前に、県庁の方を回って頂くことはできますか?」と聞いたはいいのですが、「ええと、飛行機の時間は……あれ? 9時40分だわ! す、すみません、今から、ま、間に合います?」
そのときの時刻は9時10分くらいだったのですが、運転手さんはのんびりとした口調で「ああ、大丈夫ですよ。」と仰る。
ちょっとドキドキしましたが、15分くらいだとのことでした。

「お客さん、仕事?」
「えぇ、昨日仕事で来ました」
「で、もう帰るの? もっとゆっくりしていけばいいのにねぇ」
「本当に、そう思います(溜息)」
「どこから来たの?」
「仙台です」
「えーっ、宮城県の?」
「そうです。宮城県でも<宮城交通>が<宮交>って呼ばれますが」
「ああ、なるほどねえ。そういえば、この前、宮城県知事が東国原さんに会って<同じ宮が付く県同士、仲良くしましょう>って言ったらしいね。宮城県も宮崎県も、どこにあるのか、よく分かっていない人が多いからね」
「そうですね。仙台は分かっても、仙台が宮城県にあること、知らない方もおられますね」

……てな会話をしている間に、本当に10分くらいで空港に着きました。
宮崎空港は市内からえらく近い。
荷物はすべてキャリーオンだったので、バタバタとチェックインして、手荷物検査を受け、まさに搭乗が始まったときに滑り込みました。
やれやれ……。
せめて、あの有名な宮崎県庁くらいは見たかったです(涙)。
(画像は阪急交通公社の「そのまんま宮城県12景めぐりモニターツアー3日間」から借用させて頂きました)

*****
で、午後は東京で日本神経科学学会関係の会議。
戻ってラボに寄って書類整理と本日分のメールチェック。
by osumi1128 | 2007-06-30 23:44 | 旅の思い出

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30