IBROサテライトミーティング@ケアンズ

いやー(繰り返しますが)、思ったより寒いんです。
Tropical Neuroscience Meetingと銘打ってあったので、「そうか、ケアンズってトロピカルなんだ」と思ってきましたら大はずれ。
やはり南半球は冬でした(涙)。

International Brain Research Organizationの本大会はメルボルンであるのですが、その前のサテライトミーティングとして、神経発生からadult neurogenesisまで、という内容のミーティングに来ています。
ちょうど、先日お台場でオーガナイズしたNeurogenesis2007をもう少し拡大したような内容で、参加者もちょうど倍くらいでしょうか。
先日会った人も、そうでない人もいますが、充実した内容です。
ミーティングはこのくらいのサイズまでが有り難いですね・・・

今回は場所が場所だけあって、「ミーティングが終わったらsummer holidaysなの」という方もいれば、「すでに2週間オーストラリアにいる」という強者までおられ、また、子供連れも多いですね。
私は学会に子供を連れてくるのは大賛成で、別にワーキングマザーだけでなく、お父さんももっと連れて来ればよいのにと思っているのですが、今のところあまり受けませんね。
仲良しのUCSFの方はシングルファーザーなのですが、下の息子さんが5つくらいの頃から知っており、国際会議の度に見かけいたのが、もう高校生。
時の経つのは早いものです・・・

ところで、ケアンズと日本の時差は1時間。
これって微妙です。
つい、「1時間だからいいや」と思って、日本から持ってきた携帯(海外対応FOMA)の時間を直さずにいましたら、今朝、気がついたら最初のトークが始まってしまった時間でした!
国際会議なのに時差ボケはなくて楽、と思っていたらこの始末。
やれやれ・・・

*****
IBROサテライトミーティング@ケアンズ_d0028322_23393542.jpg2日目の今日の午後はセッションが無くて、2種類のexcursionが設定されていたのですが、私はパス。
部屋で仕事をした後に、このところの睡眠不足解消のためにお昼寝しました。
その後、夕方6時からのNight Zooというツアーに参加。
思ったよりも良かったです。
オーストラリア3回目にして、初めてコアラに触りましたし(おきまりのことはしないとね)、カンガルーやボンバットなども接触距離でした。
は虫類達は気温が低くて活動量が少なく、しかも暗いし、あまり面白くなかったです(元々、そんなに好きでもないし)。
予想以上だったのは、満天の星。
晴れてオゾン層が薄いせいか、こぼれそうなくらいの星が輝いていました。
蠍座や南十字星がよく見え、天の川はまるで雲のようでした。
何か、とても幸せな気持ちになって帰って来ました。

画像はホテルの部屋からのビーチの眺めです。
by osumi1128 | 2007-07-10 23:40 | 旅の思い出

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31