学会2日目

携帯のデジカメで撮った画像をアップしておきましょう。
学会2日目_d0028322_14457100.jpg
カロリンスカ研究所の正門です。


学会2日目_d0028322_1493699.jpg
正門を入ってすぐ左にある建物。
ここでノーベル医学生理学賞の講演がCity Hallでのものとは別に行われるとのこと。


学会2日目_d0028322_14144545.jpg
会場となっている建物の入り口。
外にあまり案内がなくて、方向音痴の私には探すのに一苦労。


学会2日目_d0028322_14161981.jpg
北欧の建物は木がたくさん使われたデザインが特徴的ですね。
2日目のRene Henの講演を撮影。
コラボレーションその他の話がまとまりました。


学会2日目_d0028322_14185960.jpg
ポスター会場。
このポスターにはパームが2つくっついていて、ムービーが流されています。


学会2日目_d0028322_14214639.jpg
約30分のコーヒーブレイクのときに、果物やサンドウィッチも出ます。
日本の学会でもそのくらい余裕があると良いのですが……。











昨晩のConference DinnerはMuseum of Modern Artを借り切って行われました。
アンディ・ウォホールの特別展を開催していて、それを鑑賞した後、ロビーでシャンパンが振る舞われ、それからレストランでsittingのディナー(学会登録料とは別料金です。念のため)。
アンディ・ウォホールは、どちらかといえば好きな作家だったのですが、TV番組などの映像作品も作っていたことはあまり知りませんでした。
海外の学会では、このようにアートと触れ合う機会も提供して下さることが多いのは有り難いです。
私も自分が主催する会で密かに計画していることがあるのですが、スポンサーを見つけないとね(文科省等のご支援では「贅沢だ」などと言われそうなので……)。

ちなみに、メニューは2コース+デザートで、一皿目はサーモンのタタキにキムチ風味の玉葱が添えられているという、ちょっと訳の分からないフュージョン。
二皿目は、数学科のK先生がお好きな剛体問題になるような、フィレなのにとっても堅いビーフでした(笑)。
隣に座っていたReneが、周りの外国人に「Kobe beefを知っているか? とっても柔らかくて美味しいのだ」と吹聴し、私に「ノリコ、Kobe beefにはビールを飲ませるというのは本当か?」と訊くので、「本当です。さらにマッサージもします」と答えると、「Kobe beefになりたい♥」と、訳の分からないことを言っていました。
ま、フランス人は味にウルサイので、接待しがいがありますね。

*****
これから学会最終日が始まります。

それにしても、画像が粗いなぁ・・・
携帯、買い換えましょうかね。
by osumi1128 | 2008-04-19 14:09 | 旅の思い出

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31