パワーを頂きました

先週、一往復余分に出張したこともあって仕事が終わらず、本当は行きたかった高校のクラス会出席を諦めました(涙)。
担任の先生にも本当にお会いしたかったのですが……。

今回の大失敗の反省も込めて、午前中は普段よりも多めにお片付け。
「多め」というのは、普段ならアルバム1枚分くらいのところを、2枚分くらいをiPod nano(旧バージョン)を首から下げてイヤホンで聴きながら、ということです(はい、大したこと、ありませんー笑)。
同じ曲を繰り返し聴く傾向があって、本日はVictor DaviesのHear the Soundというアルバムを延々聴きつつ、クリーニングから取ってきてそのままになっていた冬物を仕舞ったり、さらに短時間でパッキングが可能なようにトラベル・グッズの収納場所をまとめたり、溜まった新聞紙を捨てに行ったり、液体洗剤の詰め替えをしたり……などなど、積み残し懸案事項のいくつか(すべてではない)をこなして、ちょっと気持ちのベクトルを上向けにしました。
本当に、家事というのはきりがありません。
しかも、アンペイド・ワークな訳で。

*****
金曜日、九大で聴いた講演のお話です。

お一人目のテルモ・ハート株式会社の野尻千里さんは、日経ウーマンのWoman of the Year 2008の大賞を受賞されている方ですが、人工心臓の開発・製品化に携わっていらっしゃいます。
最初、ノーベル賞を目指して京大の理学部に入学したところ、「女は理学部を出ても、どうせお茶くみかコピー取りだよ」と言われて、それでは資格を取ろうと医学部に入り直されました。
卒業後に心臓外科医を目指そうとしたのですが、「女は無理」とあちこち断られ、それでも受け入れてくれるところを見つけ、その後本格的に勉強するために米国ユタ大学へ。
その後、テルモ株式会社に入って国プロ(NEDOなどですね)で人工心臓の開発に取組み、2000年に商品化が決定したことを受けて、米国へ移動。
03年に米国法人のテルモ・ハートが設立され、04年から欧州での臨床試験が開始され、デュアラブル(携帯可能)な左心補助人工心臓が製品化されています。

テルモに入られたときにご結婚され、現在、お嬢さんが13歳とのこと。
とにかくパワフルなご講演で、立ち上げたときに4人だった会社を120人までに成長させただけの方だと感じました。
小規模ベンチャー型の会社では、ということで、リーダーシップについて次のようなことを話されました。
チアリーダーになりきる
パッションとパワーを常に演じる
明確な目標とミッションを示す
対等に議論する
最後の責任は取ると言い切る
リーダーは絶対に諦めないという態度を示す


もう一人の馬庭恭子氏は現在広島市議会議員をされています。
女子大を卒業され、お務めをされている間にご結婚。
ところが、医師のご主人が劇症肝炎になり、自立する必要もあって看護を学び初めて、保健師の資格を取られるも、「33歳ではどこも就職口はないでしょう」
募集要項に「新卒」とだけ書いてある病院を訪ね、「社会人としての経験もありますから、採用されたらお得ですよ」とアピール。
8年病院勤務の間に在宅診療のシステムが必要であることを痛感し、聖路加の大学院で修士を取り、訪問看護ステーションを立ち上げられました。
軌道に乗ってきた矢先に、今度はご自分の癌が発見され、手術や化学療法を受けた後、訪問介護は体力的に無理となり、それでは、残された命を何をして過ごすべきかと考えて、政治家になって医療システムを変えることを一念発起。
見事に当選を果たし、現在二期目とのこと。
広島ということもあり、平和の軽傷と創造を理念に掲げておられます。

政治家になるくらいの方だから当然なのですが、基本的に「スライド無しでも演説できる」のですね。
(我々研究者は、どちらかというとスクリーンに何か映っていないと不安になるし、良くない場合には、スクリーンに向かって語りかけてしまうし。)
よくもこれだけ波瀾万丈な人生を……と思いましたが、どんな境遇に陥っても、それを乗り越える努力をされる生き方に、パワーを頂きました。

野尻さん、馬庭さん、有難うございました。

画像は福岡で頂いた「あげまき」という貝です。
三陸地方とは違うものが食べられるのが楽しいですね。
Sさん、ご馳走様でした。
パワーを頂きました_d0028322_0401175.jpg

*****
明日は「はやて100号」で東京出張。
その前に、あとしばらく懸案事項の論文の推敲です。
by osumi1128 | 2008-06-08 22:35 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29