重力ピエロ先行試写会

大隅研今年の10大ニュースの一つに「重力ピエロ」の映画撮影が挙げられます。
初めてロケ弁を食べたり、助手の方達の働きぶりに感動したりしました。
で、いよいよ、来春、映画が公開されるに先立ち、昨日、宮城先行試写会が東北大学川内萩ホールで開かれました!

本日のイベントはまず、国際センターでのレセプションから始まり、映画とタイアップしている「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(DC)」とも連携しているため、仙台市長や宮城県知事(代理)、東日本放送社長もご挨拶。
キャラクターの「むすび丸君」も参加(笑)。
森淳一監督に久しぶりにお会いして、とても懐かしく思いました。
「お久しぶりです! お帰りなさい(笑)」
「いやー、懐かしいですね。皆で来られなくて残念でしたが」

レセプションには、加瀬亮さん(兄:泉水役)、岡田将生さん(弟:春役)、小日向文世さん(お父さん役)も駆けつけて下さいました。
ご挨拶とフォトセッションが終わった後に、壇上の加瀬さんのところに行って、しっかり握手をしてきました。
「あ、その節はお世話になりました」
「映画、とても楽しみです♪」

会場に妙に若い女性が多いのは何故?と思っていましたが、このレセプションと先行試写会のツアーが組まれていたらしく、関東方面から48名が参加とのことでした。
撮影に協力したアサヒビールさんが「最強の家族にはスーパードライ!」と言ってました(笑)。

その後、バスで移動し、萩ホールでの試写会には、ラボメンバーも10名ほど参加。
「クランクアップから世界最速で行う試写会」を三階席から眺めました。
中身などはこちらをご覧あれ。
映画の中では、兄の泉水が遺伝子研究を行う大学院生という設定になっていて、うちの研究室(正確には、GCOE実習用実験室)での撮影が4シーンくらいあったのですが、思いの外、たくさん出てきて嬉しかったです。
エキストラとして、ポスドクのMさんや学生のS君も実験室の背景の一部になっています(笑)。

それから、チラシにはうちのプレス発表に使われた「神経細胞とグリア細胞の絵」の一部が載っていて、これまたびっくり!
いろいろな小道具についても、専門書を貸したり、普段は殺風景な実習用実験室に、各人の持ち物を運び込んだりして、リアルさを表現していましたが、細かいツボとしては、大学の講義後のシーンで泉水が持っている黄色いノートは、うちの研究室御用達の中が方眼紙になっているものだったりします。

途中でハンカチを使いつつ一気に見終えて拍手喝采の後は、俳優さんなどのご挨拶。
今度は鈴木京香さん(お母さん役)も登場で、さらに会場のテンションが高まります。
さすがに三階席からは遠かったですが、黒いシンプルなドレス(実は背中が大胆に開いている)に身を包んだ鈴木京香さんは綺麗でした!!!
俳優さんのご挨拶の後、プロデューサーの方からもご挨拶がありました。
荒木美也子さん(アスミック・エースエンターテイメント)からはこんな言葉が……。
仙台・宮城でのロケが終わった数日後に、岩手宮城内陸地震が起き、多くの方が被災されたことから、是非、この映画の試写会の最初は仙台・宮城で行いたいと思いました。映画が皆さんを元気づけることになったら嬉しく思います。


宮城先行ロードショーが2009年4月25日(土)から。
全国ロードショーは5月23日(土)から。

関連して「みんなで作ろう! CMコンテスト」が行われています。
詳しくはこちらになりますが、動画を編集してCMを作り、応募するようです。
大賞作品はテレビCMとしてオンエアされるかも!?

*****
興奮冷めやらぬ間、萩ホールの外では東北放送の取材で、インタビューが行われていました。
そちらを受けた後、専用送迎バスで仙台駅まで出て、数名のラボメンバーと「ご飯、まだだよね? じゃあ、食べに行こうか!」ということで、駅前のRIGOLETTOという「スパニッシュイタリアン」のお店に繰り出しました。
クリスマスソングの流れる店内は、映画の後の語らいの場としてぴったりでした。
by osumi1128 | 2008-12-23 10:43 | 東北大学

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31