簡単リゾット(春の巻)

本日は学術会議の総会他のために東京出張。
桜はちょうど最盛期を過ぎたところ。
皇居から最高裁判所、赤坂御所あたりの東京グリーンベルト地帯を通って、さらに青山墓地までも桜が楽しめました。
お堀端の柳も芽吹いてきて、柔らかい黄緑色が春を感じさせます。
やっぱり日本人はこの季節に特別な感情を持つように刷り込まれていますね。

*****
ご好評につきレシピをもう一つ。
超簡単で超美味しい(笑)リゾットです。
ここでは普通に手に入るグリーンアスパラを使っていますが、何故かこの色合いが春を感じます。
<材料(5〜6人分)>
無洗米 2カップ
コンソメスープ 800 mlくらい
グリーンアスパラ 10本くらい
オリーブオイル 適宜
パルメザンチーズ 適宜

<作り方>
0)アスパラは小口切りにしておく(穂先のみ3cmくらいが良いかも)
1)底の厚いフライパンかホーローのお鍋にオリーブオイルを入れ、お米を炒める
2)お米の粒がだいたい透き通ったら、コンソメスープを250mlくらい注ぐ
3)へらでかき混ぜつつ、お米がスープの水分を吸ったら、さらに250mlくらい注いで、アスパラの穂先以外も入れる
4)へらでかき混ぜつつ、お米がスープの水分を吸ったら、さらに250mlくらい注いで、アスパラの穂先を入れる
5)へらでかき混ぜつつ、お米がスープの水分を吸ったら、ちょっと味見してお米の堅さを確認。柔らかい方が好きな方は、もう少しコンソメスープを注いで様子を見ましょう。
6)パルメザンチーズを下ろしながら入れ、さらに黒胡椒を引いて振りかける
7)へらでかき混ぜ、暖めておいた器に移す
8)さらにパルメザンチーズを下ろして振りかける
9)各自、取り分けて、好みでさらにパルメザンチーズや黒胡椒を引いて振りかける
10)Buon apetito!

お鍋の傍から離れられないのが難点ですが、おそらく20分くらいで出来上がるはず。
コンソメスープはマギーのブイヨンでも構いませんが、最近、明治屋さんで見つけたハーブ入りのものが気に入っています。
塩分は、このコンソメスープに入っている分とパルメザンチーズだけなので、もの足りない方は適宜自分で足して下さい。
このくらいの加熱時間であれば、アスパラの緑が綺麗なまま仕上がります!
Commented by みわちゃん at 2009-12-10 02:56 x
こんにちは。
先日の「サイエンスアゴラ」の際、本音で語る「大学とは何か」のtwitter中継をした者です。

かなり以前のことですが、大隈先生のリゾットがあまりにもおいしそうなので、私は空き地に生えている野蒜でまねしてみました(URL)。
by osumi1128 | 2009-04-07 00:13 | 味わう | Comments(1)

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29