大学ロボコン2009【放送予定追記】

さて、日曜日に審査員を務めた大学ロボコン2009についてエントリーします。
本サイトの方にはまだ審査結果がアップされていませんが、まぁ許してもらいましょう(笑)。

今年のテーマは「旅は道連れ、勝利の太鼓を鳴らせ」となっていて、ここ数年続いた、ロボット同士が絡むものではなく、それぞれのチームでの技術をタイムや点数で競うタイプのルール設定。
この競技は、日本の伝統的な乗り物「かご」による旅をイメージした競技です。

「自動ロボット」と「手動ロボット」が協力して「かご」をかつぎ、そこに「旅人ロボット」を乗せて、「ゴールゾーン」を目指して旅します。「かご」の前を「自動ロボット」が、後ろを「手動ロボット」が、かつぎます。
道中には「峠」や「林」をイメージした課題が待ちかまえます。「かご」や「旅人ロボット」を落とさないように、課題をクリアしなければなりません。

「ゴールゾーン」に着くと、「旅人ロボット」は「かご」から降り、自走して「勝利の太鼓」を打ち鳴らします。「勝利の太鼓」は、高い位置に3つ積まれた、日本の伝統的な太鼓です。
相手チームに先んじて、3つの太鼓すべてを打ち鳴らせば「ゴール」となり、勝利です。

試合は、赤、青、2チームの対戦形式で、試合時間は3分です。(公式サイトより)

大学ロボコン2009【放送予定追記】_d0028322_20145067.jpg

ビデオおよび書類審査により選抜された20チームとその応援団が、本日オリンピック村に集合したのでした。
開会式の際に審査員席の前を1チーム3名が通り過ぎて行きましたが、いやー、みんな若いです(←当たり前だけど……)。
チームメンバーになっていた女子は長崎総合科学大学だけのようでしたが、PR係やピットクルーにもロボットに燃える(萌える?)女子は健在。
なかなか格好良くて頼もしい限り。
大学ロボコン2009【放送予定追記】_d0028322_2015787.jpg

さて、予選はリーグ戦だったのですが、旅人ロボットを籠に乗せる、という課題をクリアーできないロボットが続出。
ロボコンといえばこの方、という審査員の清水先生(前橋工科大学)によれば、前日のテスト・ランでは結構こなしていたのに、今日は操縦者の緊張やら、昨日と天候が違って、ガイドラインをセンサーで読み取っていくあたりの設定にトラブルが生じたのではないか、ということでした。

第二の関門は16度の坂を登って下りる、というものですが、ここでも、せっかく籠に乗せた旅人ロボットが落下する、籠が地面に付く、などのミスによって、リトライになるもの多し。
その次の「林」をスラロームで抜け、太鼓を叩いてゴールしたのは数チームでした。

ルール説明のビデオを見たときは、これで勝負が難しいなんてことあるのかしらん?と思いましたが、さにあらず。
一つも課題をクリアできずに審査員判定になったものもあり。

さすがに予選を通過した8チームは、自動ロボットや手動ロボットの連携も良く、旅人ロボットのバランスもうまく作られていました。
優勝候補と言われていたのは豊橋技術大学と東大だったのですが、東大は準決勝で痛恨の敗退。
昨年も優勝を逃したリーダーの牛嶋君は大泣きしてました。
「旅人ロボットの位置が1センチずれました」ということが、籠乗せの課題をクリアできなかった原因とのこと。
東大を破った金沢工科大学が決勝に進みました。

豊橋は昨年の優勝校、金沢工科大学もABU進出経験ありの強豪同士でしたが、ほぼ毎回安定して31秒という参加チーム最速のタイムでゴールしていた豊橋が、最後の最後まで落ち着いたレース展開を示しました。
昨年までのロボコンチームのOB/OGや、学長さんまで来ているくらいで、応援団の皆さんの気持ちも優勝を後押ししたのでしょう。

私の役目は最後に「技術賞」を授与することだったのですが、惜しくも準決勝で敗れた東大のRoboTechチームに授与することになりました。
ロボコンでの経験を、実社会に出たときに活かして欲しいですね。
頑張って下さい!
人生での挫折は若いうちに経験した方が絶対に良いです。

放送予定
NHK総合テレビ 2009年7月20日(月・祝)午後1:05-1:59


*****
こういう大会というものは、締切というかゴールというか、明確に設定されていて、そこに向かってロードマップを作っていかなければなりません。
もちろん、クリエイティブな仕事において、締切無しというものもあるのですが、「時間があれば良いものが作れる」と思って、ゆっくりしか仕事をしないと、結局プロとして一流にはなれないのだと思います。
締切があって、それに向かって頑張ることを繰り返すことによって、時間の使い方の密度が上がっていくのでしょう。

研究の世界では、学位を取るという明確な締切が、いわば外から与えられるのですが、とくにそれ以降については、本質的には自分で締切を設定しないといけないのだと感じます。
学会発表は、外からの締切ですが、論文はそうではないので。
by osumi1128 | 2009-06-09 18:42 | 雑感

大隅典子の個人ブログです。所属する組織の意見を代表するものではありません。


by osumi1128
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31